本文へスキップ

Japanese College of Veterinary Pathologists

日本語トップページはこちら

会社方針CONCEPT and The Council

JCVPの理念

 日本獣医病理学専門家協会・日本獣医学会病理学分科会では、 獣医病理学およびその関連領域における学術研究の進歩と普及を図り、 専門知識の深奥化と総合化に基づき獣医病理診断学の向上と獣医病理学の発展に寄与することを目的として活動しています。

JCVP理事長

理事長 
山手 丈至(大阪府立大学)(兼)獣医学会病理分科会会長(兼)獣医学会病態獣医学系専門部会副会長
 理事長挨拶 〜高度な診断力と科学力の向上〜
「獣医病理学の専門家集団として、私たちは、産業動物、伴侶動物、実験動物、野生動物など、様々な動物の病(やまい)を、組織切片を丁寧に読み解くことで的確に診断し、その診断に基づき病の治療・予防に向けた確固たる方針を現場に還元すること。」これが使命だと思います。絶えず病の本質を追究し病の成り立ち(病理発生機序)を解明し続ける診断力と科学力が求められています。私たちのポテンシーを供に向上させたいと思います。ご支援のほど宜しくお願いします。また、会員の皆様からの忌憚のないご意見をお聞かせください(yamate@vet.osakafu-u.ac.jp)。

理事会

理事長
山手 丈至(大阪府立大学)
副理事長
中山 裕之(東京大学)
副理事長
鈴木 雅実(中外製薬)卒後教育セミナー担当
理事
渋谷 淳(東京農工大学)事務局(補佐:吉田 敏則)
理長
桑村 充(大阪府立大学)試験委員会委員長(2017年10月より)
理事
内田 和幸(東京大学)企画・広報委員長 腫瘍診断基準策定委員会担当 
理事
落合 謙爾(岩手大学)企画・広報副委員長 会報編集委員会担当
理事
木村 享史(北海道大) 学術集会委員会委員長 スライドセミナー担当
理事
三好 宣彰(鹿児島大学)学術集会委員会副委員長
理事
島田 章則(麻布大学)学術集会画委員会委員
理事
古林 与志安(帯広畜産大学)国際交流委員会委員長
理事
芝原 友幸(動物衛生研究所)国際交流委員会副委員長 ワークショップ担当
理事
山口 良二(宮崎大学)国際交流委員会
理事
森田 剛仁(鳥取大学) 国際交流委員
監事
佐藤 洋(岩手大学)
監事
義澤 克彦(武庫川女子大学) 

バナースペース

Japanese College of Veterinary Pathologists

JCVP Office
Makoto Shibutani,Toshinori Yoshida
Lab of Veterinary Pathology
Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan
Saiwai-cho, Fuchu-city, Tokyo,183-8509
Japan
TEL:042-367-5771/5874
FAX:042-367-5771
E-mail: jcvp@m2.tuat.ac.jp