本文へスキップ

Japanese College of Veterinary Pathologists

日本語トップページはこちら

新着情報・FAQNEWS&INFO

2017-2018年度JCVP奨励賞 応募者募集

従来の獣医病理学会優秀論文賞に代わり、JCVP奨励賞を下記の要領で応募いたします。申請に係る主要論文は、本年度発行されたものに限りませんので、40歳未満のJCVP会員の皆様におかれましては、ふるって応募頂きます様、宜しく願い致します。

JCVP奨励賞応募要領
I.受賞資格
1)獣医病理学の進歩に寄与する優れた研究を行い、なお将来の発展を期待し得る正会員
2)応募申請年の4月1日においてJCVP会員であり、40歳の誕生日に達しない者

II.提出書類
1)所属、最終学歴、会員歴、受賞希望研究課題名および内容の要旨(2,000字以内)を記載した申請書(書式1〜2)および主要論文(1報のみ)の写し
2)原著論文一覧(書式3、以下のように2つにわけ、公表年代順に配列する。原著論文以外の業績は不要であり、参考論文は研究課題に関連するものを選定し記載)
 @申請課題に関する主要論文(1報のみ記載)
 A参考論文(3報まで記載可)

III. 応募方法
所定の書式(以下をダウンロード)に必要事項を記入し添付ファイルとしてJCVP事務局にメールにて送付ください。
応募締め切り:2018年1月14日(日)終了しました。
申込書先およびお問い合わせ:
JCVP事務局 担当:吉田 敏則
TEL: 042-367-5874
E-mail: jcvp@m2.tuat.ac.jp

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-12
 (株)アイペック
 JCVP事務局補佐 担当:大川 忠司
TEL: 03-6822-9767 FAX: 03-5978-4068
E-mail: jcvp@ipec-pub.co.jp

申込書(書式1−3)のダウンロードは こちらをクリック

過去のJSVP/JCVP優秀論文賞 JCVP奨励賞受賞者

JCVP奨励賞
年度 受賞者 所属(受賞時) 課題名
2018 長峯 栄路 サンリツセルコバ検査センター 犬の悪性腫瘍の細胞分化に起因する組織多様性および組織学的悪性度に関する研究
白木 彩子 生化学工業株式会社研究開発本部中央研究所 抗甲状腺剤を用いた一般毒性試験の枠組みでの発達神経毒性評価指標の確立に関する研究
2017 渡邉 謙一 帯広畜産大学 実験的AAアミロイドーシスにおけるアミロイドの沈着、代謝と再沈着機序に関する研究
2016 田中 美有 京都大学 ミエリン異常ミュータントVFラットにおけるDopey1変異
2015 松下 幸平 国立医薬品食品衛生研究所 レポーター遺伝子導入ラットを用いた腎臓における中期発がん評価系の開発
原田 知享  (株)アマネセル 豚丹毒菌の感染経路と組織親和性に関する研究

JSVP/JCVP優秀論文賞
受賞者 所属(受賞時) 対象論文
2013 岸田 一輝 大阪大学 Investigation of the roles of fascioliasis and food allergy in intrahepatic eosinophilic proliferative pylephlebitis in Japanese Black cattle. Vet J. 196: 160-166, 2013
2012 チェンバーズ ジェームズ 東京大学 Neurofibrillary tangles and the deposition of a beta amyloid peptide with a novel N-terminal epitope in the brains of wild Tsushima leopard cats. PLoS One. 7(10):e46452., 2012
2011 相原 尚之 麻布大学 An experimental type II mixed cryoglobulinemia with renal glomerulopathy in ICR mice triggered by Capillaria hepatica infection. Histol Histopathol. 26(12):1519-1529, 2011
2010 井澤 武史 大阪府立大学 Abnormal iron accumulation is involved in the pathogenesis of the demyelinating dmy rat but not in the hypomyelinating mv rat. Brain Res, 1349: 105-114., 2010
2009 二瓶 和美 宮崎大学  Immunohistochemical features of dystrophic axons in Papillon dogs with neuroaxonal dystrophy. Vet Pathol. 46(3):474-483. 2009
2008 堀内 雅之 動物医薬品検査所 Experimental induction of amyloidosis by bovine amyloid fibrils in Sore Hock rabbits. Amyloid. 15(2):84-88, 2008
2007 今井 俊夫 国立医薬品食品衛生研究所 Significance of inflammation-associated regenerative mucosa characterized by Paneth cell metaplasia and beta-catenin accumulation for the onset of colorectal carcinogenesis in rats initiated with 1,2-dimethylhydrazine.Carcinogenesis. 28(10):2199-2206, 2007



バナースペース

Japanese College of Veterinary Pathologists

JCVP Office
Makoto Shibutani,Toshinori Yoshida
Lab of Veterinary Pathology
Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan
Saiwai-cho, Fuchu-city, Tokyo,183-8509
Japan
TEL:042-367-5771/5874
FAX:042-367-5771
E-mail: jcvp@m2.tuat.ac.jp